バルトレックスの有効成分

ヘルペスウイルス感染に対する治療薬として性器ヘルペスなどの治療に頻繁に使用されているのがバルトレックスです。バルトレックスに含まれている有効成分はバラシクロビルと呼ばれるものであり、バラシクロビル自体はヘルペスウイルスに対して効果をほとんど示すことがありません。しかし、バラシクロビルは身体の中で変換されてアシクロビルになります。そうすることによって抗ヘルペスウイルス作用を示す有効成分として機能するようになります。こういった形でプロドラッグとされているのがバルトレックスに含まれているバラシクロビルの特徴です。バラシクロビルとすることによって腸からの吸収率を高めたというのが一つのメリットであり、アシクロビルでは10%から20%程度しか吸収されなかったのがバラシクロビルの場合には54.2%にまで向上しています。これによってより少ない投与量で十分な量の有効成分を体内に届けることができるようになっているのがバルトレックスの特徴です。アシクロビルを含む製剤に比べると一日の投与回数を減らすことができているというのが特に有用な点であり、一日に五回も投与しなければならなかったのが一日に一回から三回程度で済むようになっています。これによって食事と合わせて飲むといった形で飲み忘れを減らすことができるようになり、ヘルペスウイルス感染の治療を正しく行いやすくなっています。また、性器ヘルペスにおいてはバルトレックスを再発予防に用いることも多く、投与回数が少なくて済むのは患者にとってストレスを軽減するのに大きく役立ちます。量を減らすだけでなく、ストレスも減らすことができるメリットがあるのがバルトレックスです。

バルトレックスの処方する上での注意

ヘルペスや帯状疱疹を発症した場合に症状を抑えて治療効果があるバルトレックスは、症状が現れたら出来る限り早く服用するためにも病院へすぐに行って処方してもらう事が大切です。バルトレックスはヘルペスウイルスに対して有効な成分が含まれている治療薬であり、服用すると比較的効果が出るまでは早いのですが、ウイルスを退治する作用がある訳では無いのです。ウイルスが増殖して症状が重くならないようにウイルスの増殖を抑える効果があり、症状が現れてから時間が経てば経つほどウイルスが増殖してしまうので、バルトレックスの効果を十分に活かす事が出来なくなってしまうのです。だからこそ、症状が現れたら出来るだけ早く増殖を抑えるためにも病院で処方してもらう事が大切です。また、日本では基本的には症状が現れてから病院で処方して貰う必要がありますが、最近ではインターネットを利用して個人輸入でバルトレックスを購入する人も多いです。個人輸入ならばあらかじめ手元に薬を置いておいて症状が現れたらすぐに服用する事が出来て便利ではあるのですが、その一方で個人輸入は偽物の薬の販売が問題となっています。問題はそれだけでは無く、病院で処方して貰わなければならないのにはそれなりの理由があり、薬は便利ではあるのですが、きちんと理解せずに安易に用いると非常に危険な場合もあるのです。バルトレックスは比較的副作用が少ない治療薬ではあるのですが、全く副作用が起こらないという訳では無く素人が自分の勝手な判断で薬を利用する事はリスクもかなりあるという事は忘れてはならないです。病院で処方して貰うのは時間がかかりますが、安全性の事を考えれば個人輸入に頼るのではなくてきちんと医師の診断を受けた上で処方して貰った方が良いです。

バルトレックスを通販で購入

ヘルペスウイルスに感染すると、口や性器を中心に、全身のあらゆる場所で水ぶくれや発疹が発生し、ピリピリとした痛みや発熱を伴う症状が現れます。帯状疱疹や口唇ヘルペスなど、部位によって名称は異なりますが、全てはウイルス性の感染症で、ウイルスDNAが複製されることで増殖を繰り返しています。そうした症状を治療するために用いるのがバルトレックスと呼ばれる飲み薬で、ウイルスの増殖を抑えるDNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれ、ヘルペスウイルスの感染症に対する特効薬と言われています。初期症状で飲めばすぐに症状を抑えることができ、短期間で治療が終了しますが、活性化せず体内に残るウイルスも存在することから完治することは難しく、体調が優れない時や病気で体力が衰えると、免疫力の低下によって再び活性化して再発する可能性の高い病気でもあります。バルトレックスは治療に用いられますが、病院の処方では「性器ヘルペスの再発抑制」という適応症もあり、最近では再発予防薬として使用されることも多くなっています。しかし、再発予防をするには皮膚がピリピリしてきた、そろそろ再発しそうといった時に飲む必要があり、バルトレックスは症状が現れてからでないと処方されないため、病院の処方では間に合わないことがほとんどです。また、病院では10日分の短期間しか処方してもらえず、長期的な予防薬としては利用するのが難しくなっています。本気で再発予防をしようと思えば、手元に飲み薬あり、さらに長い期間で服用する必要があるので、病院で処方してもらわずに、通販・個人輸入によって海外から購入する人が増えています。バルトレックスは薬価が高い薬でも知られており、安く購入するためにもネット通販での購入が便利と言われています。

■薬価が高いお薬でも通販だとお得
薬はいざという時の為に通販で買っておこう
■副作用がほとんどなくお子さんでも安心です
アンピシリン
■バルトレックスとは違うテトラサイクリン系抗生物質です
ミノサイクリンという成分を正しく知る