セックスで移る性病の定義とバルトレックス

セックスをすることによって、性病に罹りますが、すべての病気がそうであるとは限りません。たとえばカンジダやヘルペスは、セックスで移ることもありますし、またその他でも移ることがあります。性病の定義としてセックスで移ることになりますが、そうではない場合があることを理解しておきましょう。性病は浮気を疑われるきっかけとなってしまい、結果パートナーとの仲がこじれることもあります。そのようなことがないように正しい知識を持っていなければなりません。

ヘルペスはセックス以外でも移る可能性があります。たとえば同じ食器を使ったり、タオルを共有している時にも移る可能性があります。またできる場所によって、ヘルペスの種類があります。性病として見られているヘルペスは下半身に水泡ができ、口唇はセックス以外でも罹ることがあります。ただし最近のセックスプレーとしてオーラルで行うものがありますので、それによって口唇に水泡が認められることもあります。要するにすべてのヘルペスがセックスによって感染したと断定するのは、時期尚早ですので気を付けましょう。

ヘルペスはバルトレックスを服用することで、悪化を防ぎます。ただしバルトレックスによって、ヘルペスを退治するわけではありません。ヘルペスは一度感染してしまうと、完治することが現時点ではできません。うまく付き合っていく感染症になります。ヘルペスができる時は決まっており、免疫が落ちたり、発熱が認められるときなどです。病気に掛からないストレスを溜めない生活をするのはもちろん、もしヘルペスができたときにすぐに治すために初期段階でバルトレックスを服用する体制を整えておくことが求められます。