ペニスのできものの悩みとバルトレックス

男性のペニスの悩みというのは人それぞれですが、そのなかでも深刻なものとして、ペニスにできものが発生するといったものがあります。このペニスのできものに関しては、自然に脂肪のかたまりができて、あたかも病的なできもののように見える場合もあるため、正確には病院の泌尿器科や性病科などで診断を受ける必要があります。
しかし、たとえば最初は皮膚のかゆみ、痛みがあったところに、ほどなくして白色、赤色のごく小さな水ぶくれのようなできものが、ペニスやその周辺に数多く発生したというのであれば、性器ヘルペスという病気にかかった可能性があります。この性器ヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルスII型というウイルスに感染したことが原因となって起きるもので、過去に性行為をしたパートナーからうつされてしまったというのが主な感染経路ですので、パートナーのほうも同じ病気にかかっているおそれが高いといえます。性器ヘルペスという病気は、症状や部位に若干の違いはありますが、基本的に性別に関係なく発症するものであるからです。
性器ヘルペスにかかった場合の治療方法としては、バルトレックスのような抗ヘルペスウイルス薬を服用して、体内のウイルスの増殖を抑制するというのが常道となっています。このバルトレックスという医薬品は、症状や年齢によって処方量が変化しますが、成人の性器ヘルペスであれば、1回につき1錠を1日2回、経口服用するというかたちになります。これで症状はひとまず改善するはずですが、単純ヘルペスウイルスというウイルスは、体内に潜伏して再発する場合が多いものですので、よほど再発が頻繁である場合には、予防目的でも処方されることがあります。